【リフォーム業者の選び方】

依頼する業者次第でリフォームの成功・失敗が決まる!


「リフォームをしよう!」と決めたのはいいけど、どんな業者にお願いすればいいの?
結論から言えば、「安心できるリフォーム業者に依頼する」ということです。

大抵の業者は、しっかりとプランを立て細かな気配りも忘れず、キッチリ工事を仕上げてくれるはずです。しかし、一部には「高額な費用を請求したあげく、粗悪な材料を使って手抜き工事を行う業者が存在する」ということも確か。。。業者選びを間違えると理想のリフォームができないどころか、手抜き工事のせいで数年後には再工事が必要になり余計な出費にもなりかねません。

そこでこちらでは、「どんなリフォーム業者なら安心できるのか」を「6つのポイント」に絞ってご紹介します。

  1. 相談や質問に分かりやすく答えてくれる。
  2. 見積りが明確で分かりやすい
  3. サポート体制が整っている
  4. 施工事例(実績)が豊富
  5. ご近所に気配りができる
  6. 保証がしっかりしている

1,【相談内容や質問に分かりやすく答えてくれる】

リフォームについて詳しいという方は、中々おられないと思います。ですから、分からないことがあれば相談しするのは当たり前です。「費用のこと」「リフォーム内容」「工事期間」「職人への要望」「ご近所への配慮」「アフターサービス」など気になることは山ほど。これらのご相談に誠意をもって対応するのはプロとして当然のことです。

お客様のお悩みや不安ごとを一つ一つクリアし、最終的に快適な暮らしをご提供するのがリフォーム会社の使命。もし、ご自身やご家族の皆さんお話しを重ねた中で気になることがあれば、遠慮なく質問し納得いくまで答えてくれる業者を見つけて下さい。


2,【見積りが明確で分かりやすい】

営業担当はリフォームのプロとしてお客様と日々接しています。詳細な見積り作成は現場調査の後になりますが、営業や現場を何年も担当してきた人物であれば、基本的な工事内容や概算金額を聞かれたときにおよそ答えられるはずです。

概算と見積り金額に差が出るとすれば、「元々のあった場所からキッチンの位置を変更する」といったケース。この場合は、配管工事が必要となり追加費用が発生することもありますが、それ以外では費用が大きく変わることはそうありません。

まれに見積り金額から「大幅な値引き」をする業者もおりますが、これは最初から「適正価格」に大幅に上乗せした見積りを提示しているか、安く請け負って手抜き工事を行うパターンが多いので注意が必要です。
ですから、見積りに「商品自体の代金」「足場組立て代」「工事種類ごとの費用」「使用資材ごとの金額」「面積に基づく施工金額」など、内容を詳細かつ分かりやすく記載している業者をお選び下さい。


3,【サポート体制がしっかりしている】

業者を選ぶ場合、どうしてもリフォーム価格や工事期間などを気にしがちになります。でも、それだけでリフォーム業者を選ぶのは危険と言えるでしょう。

例えば、工事中に「進み具合が遅い」「作業後のあと片付けが汚い」、またはリフォーム後に「思っていた仕上がりと違った」ということになったらどうされますか?恐らく業者に連絡すると思いますが、その際「どのように対応しサポートしてくれるか」ということが重要です。

ここで注目したいのは、正面から真摯に問題解決に取り組む姿勢が見えるかどうか。稀にですが、工事終了後に問題が発生した際、連絡が取れず「対応すらしない」といった不誠実な業者もおります。

このように業者選びで後悔しないため、リフォーム会社のホームページによくある「お客様からの声」などで、実際に工事を行った方の感想を読まれて下さい。サポートがしっかりしてる会社なら、「対応に対する評価の声」などが載っているケースも多いので業者選びの参考になります。


4,【施工実績が豊富】

最近は、「施工事例や工事実例」といった形で実際に行ったリフォーム前後の写真をホームページに掲載する業者(ケース)が増えてます。住宅リフォームを考えている方からすれば、キッチンやトイレ・内装など多種多様なリフォーム・施工事例が見れるので大変参考になると思います。

そんな数ある事例の中でもリフォーム前後の写真だけを載せているところもあれば、写真だけでなく工事の流れ(工程)やリフォーム費用・工事期間など細かく説明しているホームページもあります。
写真だけでもそれなりにイメージできると思いますが、より詳細なデータが分かれば予算の都合や日程調整も事前に考えることができます。ですので、施工事例を参考にされる際は、できるだけ多くのリフォーム事例があって工事内容も詳しく掲載しているリフォーム会社のサイトをお勧めします。


5,【ご近所に気配りができる】

工事を行うにあたり、リフォーム業者がお客様に気遣うのは当然のことですが、お客様から信頼を得ている業者はご近所様への配慮にも細心の注意を払います。

例えば、外壁塗装工事では塗装の際に塗料が飛散しますし、内装リフォームでは床や壁を解体するときに大きな音が出ることもあります。そうなれば、ご近所に迷惑が掛からないか心配される方もおられるでしょう。

そのようなお客様の心配を少しでも減らすため、最低限のマナーとしてご近所様へご挨拶するのもリフォーム業者の務めです。ご説明差し上げることで、ご近所の目も必要以上に気にせず安心して工事を進めらると思いますので、リフォームのご相談をされる際は「ご近所への挨拶や対応方法」について質問されてみて下さい。


6,【保証がしっかりしてる】

住宅リフォームをするにあたり必ず確認して頂いたいのが「工事保証」が付いているかどうか。

トイレやキッチンなどの商品には、家電と同じく「品質保証書」というものが付いてます。ですが品質保証書では、リフォーム工事後に施工した箇所(場所)が壊れたり何らかの不具合が生じた際には保証が利きません。そこで重要なのが、工事自体に保証がつく「工事保証」。

保証期間内(工事内容により1年~10年ほど)で工事が原因で生じた不具合であれば、無償で修繕・修理を行ってくれますので工事保証がある業者をお選び頂くことをお勧めします。 ただし、すべてのリフォーム会社が工事保証に対応できるとは限りませんので、ご相談の際は「工事保証はついてますか?」とお尋ねください。


【来店予約・無料見積り・お問合せはこちら】

【トップページはこちら】