信頼できる会社であれば、工事に入る前にお客様と十分に話し合い、

きちんとした見積書を出し、細部までしっかりと判断してから契約を結びます。

ですから、基本的に追加工事は、多くはありません。

ただ、実際に工事をはじめてみなければわからない、目には見えなかった部分の

補強などで、やむを得ず追加しなければならない部分がでることもあります。

追加工事がある場合は、どのような作業をなんのために行うのか、

どんな材料を使って、どう施工するのか、何にいくらかかるのか、

納得いくまで質問してみてください。その際に、はっきりと説明してくれなかったり、

十分に理解されないまま工事をすすめるような業者であれば、毅然とした態度でお断りくださいね。